イメージ画像

メディア掲載

2012年11月に岩手県陸前高田にボランティアの交流施設として建てた「板倉の家」が地元の新聞社に紹介されました。

この建物は、滋賀県立大学の柴田教授が被災地支援にと、ボランティアの交流施設として陸前高田の花畑に県立大の学生の皆さんとワークショップ形式で施工。

棟上げ当日は嵐のような天気でしたが夕方には晴れ間も出て、見事な希望の虹を拝むことができました。

微力ながら被災地の復興に関われたことをうれしく思います。

 

 

2012年12月4日

このページの先頭へ